Recommendation to you

池田みのるを推薦している方からのメッセージを紹介しています。

鎌倉市の未来のために池田さんを応援します。

 鎌倉市の皆様、池田みのる後援会の泉裕也でございます。皆様の日頃のご支援を感謝し、厚く御礼申し上げます。

 ところで昨年来のコロナ禍により、日本を含む世界は、現在も予断を許さない状況にあります。しかし、歴史的に見ると、パンデミック(世界的感染流行)は繰り返し起こっており第一次世界大戦中のスペイン風もこの部類になります。パンデミックが起こった場合当然問題になるのは効果的な感染病封じ込め対策です。対策は、通常、社会においては貿易と医療体制、個人においては感染予防の徹底になるでしょう。

 しかし、何よりも大切な事は、パニックにならず社会も個人も沈着冷静であること、また、合理的な判断ができることでは無いのでしょうか。政治家に求められる資質も、まさにそこにあります。

 その点、池田みのる議員は、この政治家必須の資質を身に付けています。特に、鎌倉市議員として、行政の仕事を長年勤めた経験やそれにより得た教訓が、この際、役に立ちます。平常時・緊急時を問わず、行政対応に速やかで適切な判断をする能力が池田議員の強みです。私たちにとって、誠に、頼もしい存在です。

 歴史の例を挙げるまでも無く、コロナ禍はいずれ終わります。そこで、私たちは、今を正念場とし、池田議員とともに、力強くこの災難を乗り越えて行きましょう。

 また、池田議員は、たとえコロナ禍であっても、JR跡地利用につき、安全・安心、さらに快適な環境にすべく日々取り組んでおります。鎌倉市の未来のために積極的に行動できるのは、池田みのる議員をおいて外にはありません。

 皆様には、引き続きよりいっそうのご支援・ご助力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

池田みのる後援会会長 泉 弘栄

池田みのるさんを推薦いたします。

 鎌倉市の皆さん、地方議員が国政選挙の票集めに奔走したり、地方選挙が政党の陣取り合戦の場になったりするのはおかしいと思いませんか。鎌倉市の議員に何より必要なのは、心底鎌倉のまちが好きだ、鎌倉の人々が好きだ、と言う深い郷土への思いと、都市経営をリードできる専門能力です。池田さんの鎌倉への想いは皆さん充分ご存知でしょう。そして公共経営と政策形成に関する池田さんの専門性は、明治大学公共政策大学院が保障できます。

 池田さんの長い行政経験と実務知識は、合理的で実効性の高い政策運営に大変役立ちます。しかしさらにさらに重要なのは池田さんが持つ行革力です。行政改革は経費削減の事だと誤解していませんか?経費を削っても市民サービスは改善されません。予算カットが主の役目なら議員に専門能力は要りません。経営の質の高い企業が消費者に支持されるのと同様、私の行政改革は経営の質向上を目指すべきです。それを主導できる池田さんを強く推薦いたします。

明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科 教授 北大路信郷 : Web

          

誠実一路の池田さんを応援します。

 私は池田さんが鎌倉市観光課長(当時)の時からお付き合いさせて頂いております。

 池田さんの誠実な仕事ぶりと、そのお人柄に敬意を持っておりました。お会いになった方々は皆様そう思われるでしょう。
 7年前、鎌倉花火大会の警備を強化したいと、私が行政や警察から相談を受けて市民ボランティア組織である鎌倉ガーディアンズを設立した時に、真っ先に池田さんに入会をお願いしました。それ以来、一市民として真摯に活動をされております。

 鎌倉界隈の議員には、選挙が終われば、虚勢を張り醜態をさらけ出す輩も存在します。
一方で、池田さんは、議員になられてもそのお人柄が決して変ることはありません。

 市民目線で優しさを持ち、決して嘘をつかず人を騙さない、不器用なまでの誠実を貫かれており
ます。その姿は感動すら覚えます。 私が鎌倉に希望を持てるのは、池田さんの存在があるからこそです。

 鎌倉の未来のために、「誠実一路」の池田さんを応援し続けます。高い志と温かい心を持った池田さんの、益々のご活躍を心よりお祈りする所存です。

鎌倉ガーディアンズ 代表 大津定博 : Web

          

信頼できる“池田みのる”さんを推薦します

 現在“池田みのる”さんには、日本大学鎌倉桜門会副会長をお願いし、会運営にご尽力を いただいております。

 その様なお付き合いのなか 池田みのるさんの「誠実」で「真面目」で「実直」なお人柄に触れ、感動させられてきました。また、迅速、確実な行動力にも度々感心させられています。

 四年前の選挙の折には、選挙権をいただいて私も50年ほどになりますが、初めて是非この候補者を市政の場へとの思いで投票いたしました。自信と誇り、大きな安心感をもって池田みのると記載しました。まるで立派な答案用紙が作成できたかの様な充実した気分でした。

鎌倉桜門会 会長 氏家康敞 : Web

          

皆様のご支援を深くお願い申し上げる次第です。

 池田実君の家とは古くからの親戚関係にあり、彼の曾おじいさん、おじいさん、お父さんともそれぞれの時代でお付き合いしてきた仲です。曾おじいさんは、深沢村の収入役を歴任し、おじいさんは、昭和23年に深沢村が鎌倉市に合併するときの村会議員として、深沢村と鎌倉市との間に立ち、合併がスムーズに進むよう大変尽力された方です。

 当時の鎌倉郡深沢村が鎌倉市に合併してから昨年でちょうど60年が経ち、人間で言えば干支がちょうど一周し、還暦の年を迎えたことになります。池田君の家は、代々なんらかの形で公職について地域に貢献してきた家系であり、そんな血筋を引いたのか、池田実君は鎌倉市役所に入り、28年間行政マンとして働きながら地域の消防団分団長の仕事もこなし、地域に貢献してきた方です。

 鎌倉で生まれ鎌倉で育ち、鎌倉市役所での長い行政経験を持ち、本当の意味で鎌倉を愛している彼のような人物が、今の鎌倉には絶対必要だと考えております。

皆様のご支援を深くお願い申し上げる次第です。

初代後援会長 故 秋元昭八 前鎌倉市自治町内会総連合会会長 : Web