Support you

池田みのる後援会の生い立ちと規約をご覧いただけます。

鎌倉の若者に希望を
池田みのる 後援会 会長 泉 弘栄

 私のこどもの頃は、高度経済成長期の真っ最中でした。生活が見る見るうちに便利になり、科学の万能を無邪気に信じていました。現在、そのことが幻想だと理解するのに時間はいりません。東日本大震災や熊本大地震は、世の中に万能なものなどないことを、嫌というほど思い知らせてくれました。また、バブル後の経済低迷もダメ押しするのに十分でした。当然、人々の心に、希望や楽観などはおろか者の常で、悲観こそが健全なのだという思いが生じました。しかしながら、残念なことに、おとなのこの思いこそが、若者の希望を奪ってしまったのです。


 若者にとって、未来の希望はあたりまえのことです。言わば、空気や水です。だからこそ、未来に希望の持てない若者がいることほど悲しく不幸なことはありません。しかし、現状を嘆いても問題は解決しません。若者に、道を示し希望を与えるのは、私たちおとなの責任であり、市民の代表である市会議員の責務なのです。


 池田議員は、12年間の在職中、「粉骨砕身」の言葉どおり、身を粉にして鎌倉の未来のために働きました。すでに実績も重ねてまいりました。しかし、まだ、足りません。再び、池田議員を市政に送り出し、若者の未来のために働いてもらわなければなりません。


皆様には、池田議員に、鎌倉の未来を託していただきたく存じます。どうか、あたたかいご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。


 

池田みのる後援会は平成21年1月に発足致しました

 

池田みのる後援会規約

(名称及び所在地)
第1条 本会は、池田みのる後援会と称し、主たる事務所を鎌倉市におく。

(目的)
第2条 本会は、池田みのる氏の政治的、社会的、文化的活動を後援することを本来の目的とし、 あわせて会員相互の親睦を深めることを目的とする。

(事業)
第3条 本会は、前条の目的を達成する次の事業を行う。
1.後援会、座談会等の開催
2.会報等の発行及び配布
3.関係諸団体との連携
4.その他本会の目的を達成するために必要な事業

(会員)
第4条 本会は、第 2 条の目的に賛同し、入会申込書を提出した者をもって会員とする。

(役員)
第5条 本会に次の役員をおく。
会長 1名
副会長 2名
理事 若干名
監事 2 名
会計責任者 1 名

(役員の選出及び任期)
第6条
1.役員は総会において選出する。
2.役員の任期は 1 年とする。ただし、再任を妨げない。

(会議)
第7条
1.会長は、毎年 1 回の通常総会、その他必要に応じて臨時総会を召集する。
2.会長は、必要に応じ役員会を招集する。

(経費)
第8条 本会の経費は、寄付金その他の収入をもって当てる。

(会計年度及び会計監査)
第9条
1.本会の会計年度は、毎年 1 月 1 日から12月31日までとする。
2.会計責任者は、本会の経理につき年 1 回監事による監査を受け、その監査意見書を 付して総会に報告する。

(規約の改廃)
第10条 本規約の改廃は、総会において決定する。

(補則)
第11条 本規約の定めのない事項については、役員会で決定する。

付則 本規約は、平成21年1月15日より実施する。